パワーポイント

パワーポイントで文字を目立たせる。マーカーや背景色の活用方法。

2021年7月25日

パワーポイントの資料を作っていると大事なポイントが多いから、ついつい色をたくさん使ってしまうことありませんか?

 

文字の色が多くなってごちゃごちゃしちゃった。見づらいなあ。

 

もっとシンプルな感じにしつつ目立たせることってできないの?

 

 

 

 

結局、作りたいのは、大事なポイントを伝えるための資料です。

 

 

 

 

 

大事なポイント

↖こんなマーカーを作っていくよ

 

文字の色以外で強調する方法

マーカー(蛍光ペン)

本記事では

  • テキストボックスの文字すべてをマーカーで塗る
  • 特定の文字だけをマーカーで塗る

を紹介します。

 

 

テキストボックスの文字すべてをマーカーで塗る

 

マーカーの作り方

  • step.1

    テキストの枠を0にする
  • step.2

    色を塗る
  • step.3

    マーカーの形に整える

 

けっこう簡単そうだね!

 

step
1
テキストの枠を0にする

このマーカーは、枠線の幅に合わせて作成します。

 

枠線が文字より大きくなっていると、マーカーが文字からはみ出してしまいます。

 

この枠線を文字ギリギリにします。

 

  • マウスで操作する
  • 図形の書式設定を操作する

 

2通りのやり方があります。

 

マウスで操作する場合は、テキストボックスの角をドラッグして枠を狭くします。

 

 

図形の書式設定で操作する場合は、枠の大きさを設定できるので0にしていきましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

step
2
色を塗る

次に、マーカーの色を塗りましょう。好きな色を選択してください。

 

 

 

 

 

 

 

全部が黄色になっちゃった

 

 

これで良いんです。

この後の工程でマーカーになります。

 

 

 

step
3
マーカーの形に整える

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

図形のオプションで3-D回転のY方向に回転で75°にしてください。

 

 

 

文字つぶれてるじゃん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「テキストを立体表示しない」にチェックが入っていないと文字が潰れてしまいます。

 

 

ん?今度はマーカーが真ん中に来てるよ

 

 

 

 

 

最後に、底面からの距離を5ptにしましょう。ここを変更することでマーカーの位置が移動します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

できたっ!

 

 

 

 

 

特定の文字だけをマーカーで塗る

文章の中のどこかだけをマーカーで強調したい場合、全部が色塗りされるのは避けたいです。

 

パワーポイントに標準で入っている蛍光ペン機能では、15種類の色から選択することになる上、用意されている色がどれも原色です。

 

 

 

 

 

 

 

目立つけどさ、ちょっとね。

 

 

そんなときはシンプルに長方形の図形を入れてみて!

 

 

 

 

 

図形を挿入してマーカーを作ることができます。

 

 

ただ、これでは文字が隠れてしまうのでマーカー(長方形の図形)を右クリックし、背面に移動してください。

 

 

 

 

 

 

うん!いい感じ!

 

 

背景色を変える(ぼかしを活用)

テキストボックスの背景色を変えるとガラッと雰囲気が変わりますが、色が強すぎて悪い目立ち方をします。

 

そこで、柔らかな印象にすべくぼかしを活用していきます。

 

 

  • step.1

    テキストボックスに文字を入れる
  • step.2

    好きな色で塗りつぶす
  • step.3

    図形の効果→ぼかし

 

 

 

テキストボックスに文字を入れて好きな色で塗りつぶしたら「図形の効果」を展開し、ぼかし→ソフトエッジのバリーションを選択してください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

背景色が柔らかな印象になります。

 

スプレーしたみたいな感じ!いいねいいねっ!

 

 

こちらもどうぞ

囲み枠でオシャレに変身!文字が映える!プレゼン資料作成のコツ。

パワーポイントで作る資料は、ちょっとした工夫で見え方がガラッと変わります。 評価が上がる見やすい資料のコツ教えましょうか?           資料を ...

続きを見る

 

 

文字の色がカラフルな資料は見栄えが悪い

最後に。資料作りをするときの注意点です。

 

メモ

使う色が多いと見栄えが悪いので気をつけましょう。

 

 

見づらいパワーポイント

 

はい、出ました!

何が大事か分からないやつ!

 

大事なところを伝えたいという気持ちは分かりますが、これでは言葉よりも色がごちゃごちゃしている印象しか入ってきません。

 

 

 

もったいないよね

 

文字の色を変えたいときは3色に抑える

文字の色を変えたい気持ちをぐっと抑え、使う色は3つまでにするとごちゃごちゃした感じが和らぎます。

見づらいパワーポイント

 

 

 

ただし、少ない色でも使いすぎると見づらくなります。

色をつけた後に見返して、ごちゃごちゃしていたら少し減らして見ましょう。

 

友だちや家族に1回見せて意見をもらうのも良いよね!

 

 

 

 

 

-パワーポイント

© 2021 Powered by AFFINGER5