パワーポイント

顔出し・顔なし選べます。パワーポイントで動画研修資料を作る方法

今までの勉強会は、会議室に集合してもらってパワーポイントのスライドを映し出し、目の前の参加者に向かって喋っていました。

 

ちょっと前までは。。

 

 

今回のテーマは、動画研修です。

 

こんな方におすすめ

  • Web研修を行なう機会がある。
  • 事前に録画したデータを使いたい。
  • パワーポイントで研修動画を作成したい。

 

 

Webで勉強会をするときやeラーニングで研修動画を配信するときに役立つから覚えていってください。

 

 

 

 

まずは資料の準備をする

パワーポイントのスライドを作る

まずはパワーポイントで資料をつくります。

 

パワポの作り方に迷ってたら、どうぞ
「資料作ってよ」が怖くない。例から学ぶパワーポイントの作り方。

「ちょっといい?今度、近くの支店の人たちが集まる会議があるんだよ。若手社員も集まるから勉強会をやろうと思ってね。君、スライドを作ってくれないか?」       &nbsp ...

続きを見る

 

セリフを用意する

研修用のセリフを用意しましょう。

 

パワーポイントは、スライドの下にノートを入れることができます

 

ノートは発表者ツールを使えば画面に映るので便利です。

 

 

録画をしていく

いよいよ録画ね!がんばって!

 

録画画面の立ち上げ

  • スライドショー → 録画
  • 録画 → 録画

どちらからでも大丈夫です。

 

 

 

 

 

録画をクリックし、「現在のスライドから」または「先頭から」を選択します。

 

録画のスタート

画面が切り替わったら、左上の録画をクリックしましょう。

3・2・1で録画が始まります。

 

 

 

顔出し・顔なしの選び方

◆顔出し◆

デフォルトは顔出しです。

特に何もしなければ顔出しのまま録画が始まります。

 

自身の顔は画面右下にワイプが入ります。

 

 

◆顔なし◆

録画画面の右下に、ビデオマークがあります。

これをクリックするとマークに斜線が入り、右下のワイプが消えます。

 

 

セリフを発表者画面に表示する

あらかじめパワーポイントのノートに喋りたい内容を入力しておくと、録画画面に変わったときに自動で画面上にセリフが表示されます。

 

画面の上の方ってPCのカメラがある所だよね!これなら顔が下を向かなくていいね!

 

パワーポイントのスライドごとに録れる

パワーポイントの録画機能は、1スライドごとに録れます。

 

ってことは失敗しても細かく撮り直しができるってことか

 

  •  1つめのスライドを録画
  •  録画終了
  •  2つめのスライドを録画
  •  録画終了

を繰り返していきましょう。

 

※もちろん、通しで録画することも可能です。

 

 

出来上がりを確認する

スライドショーを開始すると、録画した映像(音声)が再生されます。

(スライドショーは、手動で次のスライドへ進めます)

 

チェックして問題なければ完成です。

 

上手く録れたかな?

 

 

データを保存する

チェックが終了したら、データの保存です。

 

名前を付けて保存 → mp4 として保存しましょう。

 

 

 

Zoomでパワーポイントを共有して、動画研修を配信

動画研修を行なうときは、きっとZoomを利用して配信する方が多いことでしょう。

 

Zoomの「画面の共有」を使えば簡単に配信できます。

 

  • 画面の共有
  • パワーポイントを起動
  • スライドショーの開始

 

ぜひ試してみてください

-パワーポイント

© 2022 Powered by AFFINGER5